悪徳な業者の手口ってどんなの?



クレジットカードの現金化というものを専門の業者に依頼しようと考える人は多いと思います。業者に依頼すれば手数料は必要となりますが、はっきり言って、手数料を支払ってでも仲介を業者に依頼したほうがいい理由はいっぱいあります。今の時代はネット上で通販サイトが充実しており、個人が何らかの商品を出品することも決して難しくはないので、その気になれば、クレジットカードの現金化というものを自分一人の手で行うことも不可能ではありません。

ただし、クレジットカードの現金化というものを自分一人の力でやるためには、非常に手間と時間がかかり、業者に依頼する場合のように、即日で現金を手に入れるということはほぼ不可能になります。また、現金化を行うにあたって有効な商品というのは本当に限られていますが、それらの商品知識を得るために、十分な研究を行う必要があります。要するにクレジットカードの現金化を自分一人の力で行うのは本当に大変なので、たいていの人は業者に依頼するほうが楽だと考えるわけです。

確かに、専門の業者に依頼したら、webだけで申し込みが完結する(来店不要)うえ、最短で即日に現金が振り込まれるというメリットがあるので、クレジットカードの現金化を検討する人の多くが専門の業者に依頼することを考えるというのはごく自然なことだと思います。しかしながら、専門の業者に現金化を依頼する際にはいろいろと注意すべきことがあります。

いちばん重要なのは、自分が現金化を依頼しようとしている業者は果たして優良な企業なのかどうかという点です。出会い系サイトと現金化業者を比較するのは適切ではないかもしれませんが、出会い系サイトや出会いアプリの中にも優良なものとそうでないものがあるのと同じように、現金化を仲介する業者の中にも優良なものとそうでないものがあります。

悪徳な業者に引っかからないよう、典型的な詐欺の手口くらいは頭に入れておいたほうがいいかもしれません。けっこう多いのは、業者に指定された商品を購入したのに換金されない(依頼者の元に現金が振り込まれない)というパターンです。そのことについて依頼者が業者に文句を言おうとすると、電話やメールが通じないということもよくあります。会社の所在地からしてデタラメだったり、悪徳な業者はこういうことを平気でやりますね。

また、契約の前後で担当者が何人も変わったり、最初に依頼した業者と名前が変わったり、やっぱりほかの業者に相談してみようと考えた利用者が、依頼を断ろうとすると、まさに恫喝まがいのやり方で無理に契約を結ばせたり……そういうむちゃくちゃなことをしてくる企業は、たいていが悪徳ですね。嘘みたいだと思われるかもしれませんが、そういう企業が本当にあるのです。