消費者金融での審査に通るための条件とは?


消費者金融は、銀行と比べ借入時に行われる審査が緩いと言われています。そのため、どうしても借り入れが必要な方は、より審査に合格しやすい消費者金融で申し込みを行おうと考える方もいるでしょう。しかし、審査が緩いといっても誰でも無条件に通過するわけではありません。当然落ちる人もいます。

そこで、今回は消費者金融での審査に通るための条件を紹介するので、参考にして下さい。

収入が安定している

審査の条件
消費者金融で審査に通過するためには、借り入れる本人に安定した収入がある必要があります。具体的にいくらという基準があるわではありませんが、当然収入が少なければ、借入可能額も少なくなるし、極端に少ない場合は審査に落ちてしまいます。また、収入がない=無職の場合は絶対に通過できません。

逆に、収入が安定していれば、正社員か非正規やパートかにかからわず審査に通ることができるのです。借り入れを希望する方には、とにかく安定した収入があることが条件になるのです。

信用情報に傷がない

信用情報
消費者金融における借入時の審査で重要視される条件がもう一つあります。それは、信用情報に傷がないことです。信用情報とは、本人の氏名や勤務先から、今日に至るまでの借り入れ(キャッシング)履歴などのことを示します。なかでも、借り入れについての情報が大切で、以前の借入時に返済の延滞があったり、複数の業者から同時に借り入れを行う多重債務状態であったりすると、審査に通過する可能性が低くなってしまうのです。それだけ、業者側からすれば返済時のリスクが大きいと判断されるわけです。よって、借入をするには、こうした信用情報に問題ないことが絶対条件といえます。ただ、業者によっては同じ信用情報でも審査に通過する場合と通過しない場合があるので、一度断られても別の業者にも申し込んでみると良いでしょう。

また、業者が借り入れる本人が申告した勤務先を確認するため、電話をかける「在籍確認」も行われるので、嘘の勤務先を申告してもバレてしまいます。

このように、消費者金融での審査に通るためには、いくつかの条件があります。しっかり確認したうえで申し込みをしましょう。また、一度落ちても別の業者では通る場合もあるので、粘り強く対応すると良いでしょう。